社団法人 北部九州河川利用協会
トップページ
ごあいさつ
協会案内
事業概要
主要事業成果報告
イベント情報
リンク集
情報公開
公益事業支援

情報公開

北部九州河川利用基金運営委員会規則

(名 称)
第1条 この委員会は、「北部九州河川利用基金運営委員会」(以下、「委員会」)という。


(目 的)
第2条 この委員会は、(一社)北部九州河川利用協会(以下、協会という)で運用している基金が、定款に基づき基金の設立目的に沿って、適正に運用されているかについて、審議する機関とする。


(基金の種類)
第3条 当委員会で審議する基金は、以下の通りとする。

(1)河川環境整備基金
北部九州域の一級水系河川敷地内の環境整備を行う事を主目的とするが、一級水系から水が供給されている地域での環境整備についても同様に行うものとする。

(2)河川利用施設整備支援基金
北部九州域の一級水系の河川利用を推進するため設置される、利用施設の整備を行う事を主目的とするが、一級水系から水が供給されている地域での整備についても同様に行うものとする。

(3)河川利用推進支援基金
河川利用推進のため、近年活発に活動しているNPO組織や住民団体並びに、協会活動として行う、シンポジウム、イベント、美化活動、研究開発などに対し、支援を行うものとする。
但し、他機関で行われる基金との重複支援は行わないものとする。


(開 催)
第4条 当委員会の開催は、5月と12月の「協会」理事会の開催前に行う。但し、委員長が特に必要と認めた時は臨時に開催する事ができる。


(会 務)
第5条 委員会は、次の事項を審議する。
(1)支援事業の計画・推進・運営に関する事項
(2)募集による事業の方針に関する事項
(3)募集事業の採択、評価に関する事項
(4)協会活動としての支援、研究・開発等事項
(5)(一社)北部九州河川利用協会理事会への報告
(6)その他


(構成メンバー)
第6条 委員会は、「協会」の会員以外からなる学識者、専門家などで構成する。

2.委員の委嘱は、理事長が行う。

3.任期は、2年とする。


(手当の支給)
第7条 委員には、委員会並びに当基金活動に参加した場合には、所定の手当を支給する。


(事務局)
第8条 事務局は、審議に必要な基金応募状況、執行状況、その他参考資料をとりまとめ、当委員会に諮るものとする。
当運営委員会の事務局を「協会」に置く。


附 則

この規定は、平成20年7月1日より施行する。

北部九州河川利用基金運営委員会名簿

役 名 氏  名 備  考
委員長 藤田 八暉 久留米大学 名誉教授
委 員 藤井 利治 元福岡市水道管理者
委 員 八尋 和郎 九州経済調査会
委 員 空閑 重信 ちくぎん地域経済研究所
委 員 齋藤 美代子 ぷらざ TOBU
委 員 富岡 誠司 筑後川河川事務所(事務所長)
  (敬称略 委員長を除く五十音順)
▲ページの先頭に戻る