社団法人 北部九州河川利用協会
トップページ
ごあいさつ
協会案内
事業概要
主要事業成果報告
イベント情報
リンク集
情報公開
公益事業支援

ごあいさつ

 北部九州河川利用協会は、昭和45年に筑後川において各種河川関係収益事業を行う任意団体として設立されました。その後、福岡県知事所管の社団法人、そして建設大臣所管の社団法人として、また活動範囲を筑後川流域に限らず福岡県、佐賀県、熊本県、大分県内の直轄河川に広げていきました。そして、法人改革により平成25年10月には一般社団法人に移行し、現在に至っています。

 その間、河川を取り巻く環境も大きく変化し、平成9年には「河川法」が改正され、法の目的に「環境保全」が位置づけされ、「治水」「利水」「環境」を一体的に進められるようになります。また、地球温暖化の影響もあって「線状降水帯」が発生し、全国的に記録的な豪雨を記録するようになりました。これに対して、予防的治水対策の限界もあって、国は「水防災意識社会の再構築ビジョン」を示し、的確な情報提供をもとに、住民自らがリスクを察知し主体的に避難できるように、ソフト対策の重要性を謳っています。さらに、我が国の人口減少や少子高齢化といった社会環境に国の厳しい財政事情も加わり、今後の河川行政を進めるうえで「公助」「共助」「自助」の適確な役割分担の下により一層総合的な取り組みが求められるようになりました。「河川協力団体制度」もその一環として期待されるものです。

 当協会は、公益事業として筑後川流域を中心に花壇や緑地の整備等の河川美化、河川美化ボランティア活動の推進、河川愛護に関する広報活動などを行い、また収益事業として堤防除草・堤防維持補修、河川巡視業務、堰操作・管理・補助業務などを実施してきました。

 これからも、河川行政や河川に関る地域のニーズに対して一定の役割が果たせるよう、このたび「中期計画」を策定しました。その具体化に向けてはこれからですが、今後、一般社団法人として、「北部河川利用協会」がどのような活動を行うべきか、会員の皆様の意見もいただきながら進めていきたいと考えています。

令和元年10月
理事長 川上 義幸